観光の仕事に必要な教育とは

 観光する時は、誰しも楽しみたいのではないでしょうか。
楽しい観光をしたくない人はいないはずです。
 では観光の仕事に必要な教育とは、どういうものでしょうか。
まず観光とは、相手を楽しませるものです。
サービス精神が旺盛でなければ、仕事として相手を楽しませることはできません。
そして自分も楽しみながらしなければ、つまらない気持ちが相手に伝わってしまいます。
集団を相手にしますので、反りの合わない人同士もいるでしょうから、気配りも大切です。
 つまり、観光の仕事の教育では、「サービス精神」「ポジティブ精神」「気配り」を教え育てる必要があります。
他には、何か必要でしょうか。
 観光の日程管理も必要ですので、「計画性」も必要です。
トラブルもあるでしょうから、「問題解決能力」も必要です。
観光地の紹介が必要ですので「日々の学習」も必要です。
 ですが第一に大切なことは、観光客を楽しませることです。
楽しませるにはどうすればよいか、それを考え実行させるようにすることこそが、観光業の教育に最も必要なのではないでしょうか。