接客の仕事に必要な教育とは

 接客業をしたことがありますか。
ある意味、全ての業種が接客業といえます。
なぜならば、全ての業種は、人間の暮らしを豊かにするために存在してますので、それらは全て人間に対する接客業です。
例えば公務員は、納税者に対する接客業であり、会社員は、雇用主に対する接客業です。
 私たちは、なんらかのサービスを提供して対価を受け取っています。
であれば、気持ちよくサービスを受け取ってもらえるように、サービスの提供の仕方を工夫する必要があります。
この考えこそが、接客の考えです。
 では、接客に必要な教育とは何でしょうか。
根幹にありますのは、先ほどの「気持ちよくサービスを受け取ってもらう」という考えです。
そのためには、挨拶・マナー・常識・誠意ある行動などが必要になるのです。
つまり、サービス精神を表に表すために、形にするということです。
特定のマナーだから、サービス精神があるということではありません。
大切なのは心です。
それをうまく表に現す技術を、あくまで手段として学ぶべきなのです。
サービス精神と表現技術、その2つこそが、接客の仕事に必要な教育なのです。