教育の仕事で大切なことについて

教育関係の仕事において大切なことは、試験で点数を獲得することを目指すようなものではありません。
試験に出るような問題を沢山演習することで実力が伸びるとは限らないからです。
安易な暗記に走り、理解を疎かにしてしまった場合には、応用が利きませんから後で困ることになります。
例えば数学には多くの公式があります。
しかし、それぞれの公式にはしっかりとした根拠があります。
それを理解すること無く、公式を使って問題の答えを出しても何も面白くはありません。
ですから、学校の先生の仕事をする場合は暗記数学を推奨してはいけないのです。
数学の理解を深めるための授業をしなければなりません。
今の高校生は受験で点数を取るために勉強をする傾向があります。
そのような状態を打開しなければなりません。
どれだけ点数を獲得しても、本質の理解が伴わなければそれは正しい教育とはいえないのです。
実際に、大切なことはそれぞれの学問の心を身につけることなのです。